WACK Auditions – Morning of Day 5 Recap -UPDATED-

We are nearing the end and today is the last full day of the auditions. We have seen some very odd things happen over the course of this event. I am sure that there is more to come as well. So instead of me blathering on about this and that I will get down to the bare bones and make with the standings.

The WACK artists, of which only four were present (Aina and Atsuko are off doing BiSH tour stuff) ended up this way.

  1.  プー・ルイ (28 points) [pour lui]
  2. ユメノユア (23 points) [Yua]
  3. アヤ・エイト・プリンス (15 points) [Aya]
  4. テラシマユウカ (14 points) [Yuka]

The group standings ended up as this

  1. BiS (43 points)
  2. GANG PARADE (37 points)

So with BiS winning the day they were able to reclaim their song “gives”, which GANG PARADE had stolen at the first oppertunity. Now, the question remains, will BiSH return in time to be able to reclaim their song, オーケストラ (Orchestra) , from BiS? Only time will tell.

Aya and pour lui retake “gives”

The competition between the hopefuls is starting to heat up. After an additional competition where they were divided up into two teams (Team AKB and Team Hello) and asked to do choreography for the song 星が瞬く夜に (Hoshi ga). These really turned out well, even Hirano (the cursed one) doing a passable job. We have video of this and will try to get a story up about it later. So it all shook out like this after NicoNico voting.

  1. シェ・キーラ (3754 votes)
  2. ヒラノノゾム (3254 votes)
  3. ギャン・マイガ (2839 votes)
  4. モモコグミinc (2706 votes)
  5. ガミヤサキ (2664 votes)
  6. ツンツンコ (1847 votes)
  7. テラヤマユフ (1831 votes)
  8. パリ・ウブ (1749 votes)
  9. ヨコヤマヒナ (1608 votes)
  10. オオショージメグミ (1365 votes)
  11. ナガヤマユキコ (900 votes)
  12. リソリソ (517 votes)

After the votes points were combined with points earned during the day we ended up with these girls being eliminated.

  1. ギャン・マイカ
  2. シェ・キーラ
  3. リソリソ
  4. ツンツンコ
  5. ヨコヤマヒナ

With ヨコヤマヒナ saved from elimination by drawing a piece of paper from a box with a circle drawn on it.

At the end, Watanabe gave a short, tearful, speech about the final day. It is quoted here in full and in Japanese. (My translation skills suck, but the machine will give you the basics)

Watanabe during his end speech

「残り1日になりました。引き続き勝負は終わっていないんですが、明日やってもらうものを発表させてください。今回、全員チームプレイをしてもらいます。12人で「レリビ」を踊ってもらいます。BiSの1番最初のアルバムの曲で、音楽的に何も知らなかった僕とプー・ルイが、自分たちが世界を変えたらいいなと思って作った曲です。このあとも一緒にやれる子がいると思うと本当に嬉しくて(涙を流す)。よかったらWACKの歴史と歌詞を考えて聴いてみてください」

So we are down to the final 8, today should be very exciting to watch.

Statements from the eliminated girls. Machine translation will get you the basic meaning.

ギャン・マイカ
1番思い出に残っているのは、昨日の夜、体重を3.4kg増やしたこと。寝ずにケンタッキー2つとホールケーキ1個、1.5リットルのコーラを2本、350gのスパゲッティ1個半と水を飲みました。でも、絶対に復活してやるって気持ちでやっていたんじゃなくて、ずっと食べている状況がおもしろいと思ってやっていました。私のモチベーションは、おもしろいかどうか。周りの人が観て「あいつおもしろい」ってなってほしい。赤レンガまで行きたかった気持ちはあるけど、合宿の中で私がやりたいと思っていたことが全部できたから後悔はないです。アイドルがよく「ファンのみなさん、応援してくれてありがとう」って言ったりツイートしたりするじゃないですか? 私はニコ生が3位だったんですけど、票をいれてくれた人たちや、ギャン・マイカがんばれ!! って応援してくれた人にも、本当にありがとうございましたと思ったんです。だからアイドルのそういうのは本当の言葉で、言わずにはいられないんだなと思いました。今後、オーディションがあったとしても受けないと思います。1番近い目標はやせること(笑)。最近バンドはもうやっていないんですけど、いまはDJをやりたくて練習しています。DJ ギャン・マイカで出たらまた渡辺さんに怒られそうだな(笑)。

シェ・キーラ
やり残したことはないです。常に全力を出していたので何の後悔もしていないし、ずっと本気で頑張れたなと思っています。1番の思い出は、深夜2時くらいまでGANG PARADEのダンス審査で使うマイクを作ったこと。ダンスも楽しかったんですけど、そういう作業をしていると、たくさんしゃべれるじゃないですか。いろんなことを知れるし、勉強にもなるし、人柄もみれて楽しかったです。合宿で学んだことは、悪い状況にあってもいかにプラスな状況に持っていくかが大切だっていうこと。努力とか工夫次第でいくらでもプラスに持っていけるんだなってことは、他の参加者の人たちを見ていてすごく思いました。これからの人生の教訓になりました。普段、車で送ってもらったりとかばっかりだったけど、マラソンでリタイアだけはしないっていうことを目標にがんばりました。日に日にアイドルになりたい気持ちが高まっていったので悔しい気持ちはあります。でも、またアイドルオーディションがあったとしても受けないと思います。音楽はずっと続けます。音楽って人に聞いてもらうことで成り立つものだと思うので、ピアノや歌をいろんな人に聞いてもらいたいです。

リソリソ
はじめは合宿に来るかどうか迷っていたんです。1週間何やるんだろう… と思ったら怖くなっちゃって。結果、落ちちゃったけど、ものすごい場所に参加できたんだなと思っています。マラソンとかダンスの練習とかすべてに対して一生懸命になれました。後悔していないわけじゃないんですけど、ニコ生で目立てなかったり、渡辺さんが求めていた大きな変化に気づけなかったり変化できなかったことは、すごく悔しいです。私を3日目まで残してくれたのはなんでだろう? って考えたとき、もしかしたら渡辺さんからは期待してもらっているのかなと思って、1個1個に対して一生懸命やらないと思ってがんばったんです。朝と夜にデスソースに当たることができたり、ダンスの発表も一生懸命がんばりったり、マラソンも全力でがんばりました。それでも、やっぱり渡辺さんには響かなかった。でもやりきりました。1番の心残りは、自分の素を出して合宿を楽しめなかったことです。この合宿で学んだことは諦めないこと。いままで一生懸命になることがあまりなかったので、一生懸命なにかをすることが楽しいことだってわかりました。ダンスの練習はすごく楽しかったです。また機会があったら参加できたらと思います。

ツンツンコ
まだ実感がないんですけど、悔しい気持ちより楽しかった気持ちのほうが強いです。1番思い出に残っているのは、体育館でダンスの練習をしたこと。どのグループの曲をやっても楽しかったです。難しかったけど踊れるとすごく嬉しかったし、自信にもなりました。ダンス練習は後悔していないんですけど、それ以外が全部中途半端だった。マラソンも7位や6位で、学力テストも下から5番目とか、デスソースも当てられなかった。自分をアピールできなかったので、もっと自分からグイグイいってスタッフさんと話したかったです。学んだことはいっぱいあるけど、本当に必死で一生懸命やったら、その想いは伝わるってこと。音を外していたんですけど、すごく思いが伝わってきたよって言われたときはすごく嬉しかったです。もしまたWACKのオーディションがあったら私は参加したいとすごく思ってます。いま破天荒なアイドルはたくさんいるけど、そのきっかけを作ったのがBiSさんで、伝説のアイドルじゃないですか? 渡辺さんもすごい人だし、そういう人と一緒に仕事をしたら楽しいだろうなって。つらいこともたくさんあるだろうけど、新しい自分に出会えるんだろうな。

View the WACK Auditions live on NicoNico Prime

 

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s